家づくりギャラリー

どこにいても家族の繋がりを感じれる空間に

こだわりのポイント

 

床の間にアクセントと収納を兼ねた吊押入れを設けたモダンな演出に

 

リビングと和室の間の手すり壁をスケルトンにすることで、どこにいても家族の繋がりを感じられる空間に

ダイニングを小上がりのある畳スペースにし、ピクチャーウィンドウを配置。食事をしながら外の景色を愉しめる空間を実現。
玄関は愛犬モモちゃんの部屋も兼ね、広くとり、奥の和室には敷居を入れず、同じ床材を使用することで一体感のあるつくりに。

お客様からの声

細部の使用も納得のいくものになりました

依頼先の決めてとして、まず大野城のモデルハウスを見ました。柱や壁などを極力なくした、広々としたスペースが叶う点が魅力でした。予算のことも明確に答えてくださった設計士の横山さんの人柄も決め手です。
8年ほど家づくりの構想をしていて、考え抜いた間取りをそのまま形にしていただきました。風通しの窓やレールで空間の仕切ることのない吊りドアの採用など、細部のアドバイスが助かりました。

設計士からのひとこと

お客様より一番に眺望を考えた家創りと、広く開放感のある家創りとの要望から、
テクノストラクチャーを最大限に活かした間取り作りと、眺望に関しては、窓の大きさと位置、カウンターの高さ、畳の高さ等細かくプランに反映させた。

設計士:横山 明人

その他ご相談はお気軽にご連絡ください。電話:092-452-0588、メールフォームはこちら
ページの先頭へ